« 吉野の杜。バスツアー。前編。 | トップページ | 東大阪の家。壁ですね。 »

2007年11月13日 (火)

吉野の杜。バスツアー。後編。

:::::::::::::::::::::::::

富士山の万年雪が無くなったら

みんな書き変えるのかしら。

銭湯の壁とか。

:::::::::::::::::::::::::

今日も太陽が出たときは暖かかったですよ。

南極北極の氷が溶けるのもうなずける。

地球の事を考えている弟-MENです。略してOMです。

こんにちは。

さて、昨日の続き。

お昼だお昼だ嬉しいな。

豚汁、鯖飯、おにぎりなど昼食を食べ終え(美味しくいただきました)

いざ餅つきへ。まだいただきます。

さらには焼き芋も待ってます。

096

     ぺったんこー。

参加者の方も参加していただきました。

実は僕もやりたかったのですが我慢しました。やはりいつかは客として参加を。

094

     ぺったんこー。

これもまた貴重な体験。

「手作り」ってほんと良いですね。

そして工場見学に。

皆さん阪口社長のお話を熱心に聞いておられました。

木にたいする思い。木に尊敬の意を込めて仕事をしているなと感じました。

160

「木に失礼のないように仕事してます。」

阪口社長談

みなさんも熱心に聞いてくれていました。

ここでは、お話だけではありません。

物販もあり、展示品もあり個人個人で回遊する事ができます。

082

年輪を数えたり。

166

遊んだり。

169

お買い物したり。

119

木と触れ合ったり。

108

年輪を数えたり。

スタッフも?

そうです。「年輪数える率」は高いんです。

結構みなさん数えてましたよ。

まだイベントは続きます。

原木のカットに、チェーンソーアート。そして植樹。

なかなか見れる物ではありません。

これもまた今ツアーの醍醐味ではないでしょうか。

しかし残念ながら、僕のデジカメのバッテリーが切れてしまいました。

前日にフル充電したのにもかかわらず。

175

最後の写真。

これから大きな帯鋸で縦にカットされていくのです。

肝心な所でバッテリー切れとは。。

半分にカットされた断面を参加者の方々が皆触る所とか、

丸太がチェーンソーで椅子に変わっていく様とか、

その椅子をプレゼントして喜んでいただいた顔とか、

たくさんたくさん撮りたかったのに。

なんだかこのブログ、尻すぼみな終わり方をしましたね。

しかし今回で終わりではございません。

少しでも興味を持たれた方は、次回の参加お待ちしております。

そして今回御参加していただいた皆様。ありがとうございました。

スタッフの僕も皆様のおかげで楽しく一日過ごすことができました。

是非、次回参加もお待ちしております。

最後に、焼き芋と柿をいただきました。

お腹一杯になりました。

ごちそうさまでした。

|

« 吉野の杜。バスツアー。前編。 | トップページ | 東大阪の家。壁ですね。 »

コメント

もちつき楽しそうですね。
懐かしいです。やったことないけど。
木と触れあったり、
木と触れあったり、
木と触れあったり。
きっと木も喜んでいますね、重んじられて。
カメラはサブ機は持ち歩かないんですか?
トイデジ、1丁いかがですか?

投稿: buzz | 2007年11月13日 (火) 23時35分

木がでかいですね(当たり前ですけど)
あの木を正拳突きであなをあけれたら世界チャンピョンに」なれるでしょうか?

投稿: オルガ | 2007年11月13日 (火) 23時43分

■オルガさん
穴を開けれたら
いろんな所からオファー来そうですね。

儲かりまっせ。


■buzzさん
木も喜んでくれてるでしょうね。
300年前から生きている木などありますもんね。
年上だ。

サブ機必要ですね。
ここはトイカメラをサブにしますか。

いやメインで。

投稿: 弟-MEN | 2007年11月14日 (水) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156703/8903232

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野の杜。バスツアー。後編。:

« 吉野の杜。バスツアー。前編。 | トップページ | 東大阪の家。壁ですね。 »