« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

すいません。また写真載せれません。

今まで面格子の付いていなかった窓ガラスに面格子を付けて欲しいと相談されました。
全然大丈夫です。付けれます。
窓ガラスの場所は、家と家の間の狭い場所です。入っていくだけで大変そうな。
そんな所にも面格子が必要な世の中なんですね。

実際、後付け面格子の相談も多いです。
年々増えてきてるな。

昨日書いた鍵と。。

| | コメント (2)

2008年4月29日 (火)

いつからでしょうか。

新築、改造はもちろん、それ単体でも頼まれるものがあります。

玄関の鍵をピッキング対策の鍵(ディンプルキーなど)にしてくれと。

そういえば、僕も常に家の鍵をかけるようになっていた。

僕が子供の頃は、そんなしょっちゅう鍵をかけていただろうか?かけてたのかな?

今では鍵が無いと怖いです。

| | コメント (4)

2008年4月28日 (月)

きっとそういう期間。

不思議ですね。続きますね。

またもや雨漏りの相談。こうも続くとは。

0651

黄色い線を引いている所が、パカッと割れてます。

地上から上まで7m近くあります。

この壁と壁の間は約60cmです。

何かで蓋をしないと。じゃじゃ漏れです。

やりますよー。狭いところがなんのその。

しかし、こうも雨漏りの相談が続くなんて。

信頼していただいてるからでしょうかね?(自画自賛)

| | コメント (4)

2008年4月27日 (日)

憶えれません。

ショートカットキーを使いこなしたい。です。

| | コメント (4)

2008年4月26日 (土)

収納便利。

「部屋に大きな本棚欲しいんだよね~。作ってよ。本棚を。」って言われました。

家具屋さんじゃありませんが。

それじゃあ作りますか。大きなのを。壁一面を本棚に。

21

うちの事務所です。

仕組み自体は簡単。壁に板を固定しているだけです。

ちなみに、棚板は移動できます。

0091

「ひょうたんやまの家」のウォークインクローゼットから。

棚板を外して、

0101

チョボを外します。

0111

ぽちっ。と。

このように簡単に移動できるので、雑誌から文庫本までニーズに応えた高さ移動ができるのです。

0131

狭すぎると使い道も少ないか。

0141

チョボも一つズレちゃってるし。

| | コメント (2)

2008年4月25日 (金)

メンテナンスをしよう。

以前に杉で塀を作りました。

杉の板にやすらぎを塗りました。ステンのビスで留めています。

2年と半年近く経っているので少しメンテを。と思いましがこれといって悪いところはありませんでした。

少しは悪くなってるかな~?なんて思っていましたが、要らぬ心配でした。

さすが過酷な状況で育ってきた木々たち。

2_050

※キャタツの足元は押さえています。

狭くて高いところだって関係ありません。見ますよー。痩せてる大工さんが。

僕は太ってるわけではないのですが、痩せてるわけでもないです。

ちょいちょいですが、僕も現場で作業することはあります。

太れないですね。太ったら狭くて高いところでの作業が困難になりますから。

| | コメント (4)

2008年4月24日 (木)

止めないと大変だ。

雨が続きます。

去年の今頃もこんなに雨の日って多かったでしたっけ?

多かったんでしょうね。

こう続けて雨が降ると、雨漏りを発見できるときがあります。

溜まっていってるんでしょね。それがあふれて出てきてるんでしょうね。

3

極例です。わかりやすいようにと。

青色のが水です。

こういった場合、溢れる前に雨がやんじゃうと気付きません。部屋に水が落ちてこないので。

部屋に水が落ちてきだすと、今度は雨がやんでもなかなか水がとまってくれません。

皆さん不思議がります。

「雨がやんでるのに水が落ちてくるっ。水道か?」と。

雨漏りにしろ、水道にしろ止めないと。

| | コメント (4)

2008年4月23日 (水)

いらっしゃいませ。

今日は鹿児島から㈱シンケンさんが、うちのモデルハウス「ひょうたん山の家」を見学にきました。

9名様。いらっしゃいませ。

さらりと書きましたが、鹿児島から9名です。大移動ですね。

シンケンさんも自然に健康に暮らせる家を建てています。家作りのコンセプトが似てます。

うちの方がたくさん見習う事が多いです。

メンバーは、社長をはじめ設計の方や施工主任の方ばかり。

0021

どれどれ。

0121

あれよこれよ。

結構同業者の方に見られるのって緊張しません?ぼくだけ?

そんなぼくの緊張をよそに次の見学会の場へ。お疲れ様でした。

このように、ひょうたん山の家は何人で見学に来られても構いません。

ご家族、お友達、お知り合いの方で連れ添ってきていただいても全くもって構いません。

大人数で押しかけると迷惑かしら?なんて心配は無用でございます。

見て感じてもらうためのモデルルームでございます。

ひょうたん山の家に行ってみたいなー。って方、いつでもお待ちしております。

詳しくはココから。

シンケンさん、また大阪に来ることがあれば、またお立ち寄りください。

Dscf41491

終始、緊張気味だった僕。

| | コメント (4)

2008年4月22日 (火)

自然素材の家が自然にある頃。

1791

この木。すごいんですよ。

1781

ヒノキとサワラが合体してます。

なかなか見れるものではありません。

0711

崖っぷちでも育ってます。

しかも、しっかりと。

1031

岩の壁を下から見上げて撮りました。

少しハミ出てます。

2201

アップでわかりにくいですが、切り株の上で育っています。

土の上でなく、木の上で。

このように、過酷な状況でもしっかりと育っていく木で家を。

なんだか安心感あります。

家に守ってもらえる気がします。そしてその家を守って(メンテナンスとか)いく。

このスパイラルが保たれれば丈夫で健康な家が長続きするような気がします。

| | コメント (2)

2008年4月21日 (月)

先日の岐阜、神宮備林。

先日岐阜県に行ってきました。中津川市、加子母村というところに。

山に入って色々と見てきました。木って言うのは放っておいてもスクスクと育つものじゃないのですね。

雑草や植樹以外の雑木などを除去し、間引きしてあげたりと。さらには菌、害虫から守ってあげて。なかなか大変な作業です。

0681

まだ階段が付いていて上がりやすいですが、かなりの勾配です。こけたら怪我するよ。

0711

写真じゃ伝わりにくいですが、崖です崖。写真の真ん中のところで終わりじゃないのです。一番下が見えません。

落ちたら下までノンストップだと思われます。

0661

ほら。雪も残ってるし。滑ると危ない。ぼくは革靴を履いてました。

こういった状況の中、森林を整備していくのです。

ようやく利用できる大きさまで成長した木を、自然を損なわないように伐採し、そして次に向けて植樹していきます。循環するように。循環するのです。

森林の管理は大変だと頭では解っていましたが、山に入って歩いて説明を聞くと大変さがヒシヒシと伝わります。行ってよかった。

こうして身近に育てられた木を使わないのはすごくもったいない気がします。

どんどん使って、山を森を活性化できれば良いなぁと思いました。

0651

水もこんなに綺麗だし。

なんだか話が長くなってる模様です。

またここいらで閉めたいと思います。このシリーズ長く続くか?

159

みんなどこだ?はぐれた。

| | コメント (2)

2008年4月20日 (日)

未来。

アニメ「未来少年コナン」が再放送されています。

何年前のアニメだろう?今見ても面白い。
きっとこれから先、何十年後に見ても面白いだろう。

何年、何十年たっても良いと思われるような物を造っていきたい。

| | コメント (4)

2008年4月19日 (土)

いつもより広げてみました。

 008
広い縁側も良いですね。
縁側にテーブルと椅子。
このスタイルいいかも。



| | コメント (2)

2008年4月18日 (金)

介護保険住宅改修工事。

147

5cmの段差。足の不自由な方には5cmもかなり高く感じます。

この5cmがものすごく大変そうでした。

そこで介護保険住宅改修工事です。

利用限度額は20万円(1割本人負担、9割保険給付)なので大掛かりな改修工事だと費用がかさむ。

状況によっては、一箇所バリアフリーにするのにかなり大掛かりな工事が必要になってくる場合があります。

そんなときは

146

スロープ取り付け。

これだと簡単に施工ができます。

ちなみに、トイレですがトイレの床と敷居の段差が65mmあったのでトイレの床を上げる工事をしました。

写真はお部屋と廊下の取り合いです。

まず、「住みよい家造り」ですね。

ちゃんと申請してますよー。

| | コメント (4)

打ち込んでいる間に日が変わりました。

吉野の杜ネットワークで勉強会にいきました。
11月にバスツアーを開催しているメンバーです。
岐阜県の神宮備林に。中島工務店の協力のおかげで。
Dscf3536
山の中へと。奥へ奥へと。
ぼくは革靴を履いていました。

Dscf3704
立ち並ぶ美しい木々。
これだけの木を使わずに、外国の木を使うのはもったいないのでは?とあらためて考えさせられました。
また、もう少しだけ今回の勉強会の話しを引っ張りたいと思います。


中島工務店、
中島紀于社長はじめ、関係者の皆さん本当にお世話になりました。
ここでも人の温かさを実感させていただきました。

Dscf3535_2
しまった迷った。

| | コメント (4)

2008年4月16日 (水)

山。

今日は山の中にいます。
電波が入りません。たまに入ります。
今入りました。
詳細は後ほど。

| | コメント (4)

2008年4月15日 (火)

木の住まい展から少し離れます。

何年前のナミイタかわかりませんが、こうもなるものなんですね。

011

火事でもあったか?

茶色く変色し、波打ってます。ぐにゃぐにゃになってます。

しかもパリパリに。

かなり脆くなってます。

こういう状況になっているときは上っちゃ」だめですよ。

| | コメント (3)

2008年4月14日 (月)

木の住まい展。

またです。また小出しでいきます。

イライラされるかもしれませんが。許してください。

-------------------------------------

この「木の住まい展」を開催させて頂いたお宅は、高山工務店がリフォームさせていただいたのです。

いや、リノベーションといいましょうか。

大幅な間取り変更はモチロンのこと、耐震補強もしたし断熱工事もしっかりしたし。

093

もともと使っていた玄関建具も収納建具として生まれ変わっております。エコ。

何がどうって、一番変わったなと思うのは家の中が明るくなった事ですかね。

工事を始める前に、前の家を見ています。その変わり様といえばすごいですよね。

お昼でも薄暗かった部屋が今ではパーっと明るく。

Photo

お昼は電気いらないね。

※住まれているお家なので、特定できないよう画像を少しいじらせもらいます。

古いお家をお持ちの方や、中古物件を購入なさった方。リフォーム、リノベーションなどでガラッと変える事ができますからねー。

さて、このシリーズもまたまた続くと思われます。

今回は、木の住まいにピッタシの家具、陶器、額なども紹介したいと思います。

| | コメント (7)

2008年4月13日 (日)

いろいろとコラボします。家具とか陶器とか額とか。

施主様の御好意により「木の住まい展」を開催する事ができました。
ありがたい話しです。本当に。
お住まいになられているお家なのです。
施主様の協力があってこその展覧会でした。
ありがとうございました。

住まれているお家なので、色々とお話を聞く事ができました。
ほんと参考になります。
なかなかこんな機会ないですよね。

Dsc_0095
また、この「木の住まい展」の模様を小出しでお届けします。


| | コメント (2)

2008年4月12日 (土)

自然素材フロアー。

1801

「床暖房入ってるんですか?」って聞かれたよ。太陽の光があたっていた場所に、ぬくもりが残っていたのか。パッシブ。

自然素材ならではのぬくもりですね。

034

ここで寝転がりたい。しかも冬に。

| | コメント (3)

2008年4月10日 (木)

またやってきた。

そろそろですよ。白蟻シーズン。

021

かじられてますね。

019

ここもかなり。

クロス→ボード→柱。なのでなかなかみつけれないですよね。下地の下なのです。

この現場もボードをめくってみて初めて気付きました。開けてビックリですね。

家の中で白蟻を見かけたら連絡ください。

| | コメント (2)

2008年4月 9日 (水)

見てみるもんですね。

160

ここもかっ!

下から見て、樋がおかしいから見て欲しいいと連絡が。

いざ上って見てみるとこの状態。

しかし、ここの所「なかなか自分では見れない場所」の修繕必要箇所の発見が多いな。

この写真の場所も、そう長くは持たないだろうと思います。だって雨は入りっぱなしだろうし。

あるんですよね~。こういうのが。

お家で気になるところがある皆さーん。早期発見が被害を軽くしてくれますよー。

| | コメント (4)

2008年4月 8日 (火)

最初は何事かと。

壁がめくれて落ちてきそうになっているとの事。

壁が?落ちる?と半信半疑で現場に向かいました。注・疑ってるわけではないです。

038

おおっ?!

036

おおっ?!

037

なんだ。表面だけか。

こういう剥がれ方をしている綿壁は初めて見ました。あるんですね。こういうことが。

古い建物下地の壁との接着が効かなくなったのでしょう。

しかしまあ見事にめくれたもんだ。

下地がしっかりしているので、塗り替えはできます。

今の御時世、接着剤は品が良くなってるので、そうそうめくれないようになってます。

| | コメント (4)

2008年4月 7日 (月)

虫だけに。

043

虫歯か?と思わすような穴の開きっぷり。

湿気で腐ってるだけかと思いきや、白蟻にやられみたいです。

そろそろ白蟻シーズンですよ皆さん。

あやしいなと思ったら一度点検を。

033

こんなところにも!

被害が広がる前に。

| | コメント (4)

2008年4月 6日 (日)

吹雪いてました。

桜の花びらがザーっと散ってました。
桜吹雪ってああいう事を言うのか。

| | コメント (2)

2008年4月 5日 (土)

今日は彩都じゃないです。

雨水だけを流している排水パイプが詰まっていると連絡がありました。

何か大きなゴミでも詰まったか?ボールとか。

まずそのパイプを外してみました。

おもたい。ずっしりとしていました。

ドレンクリーナー(太いクネクネする針金みたいなやつ)を突っ込むと土が、砂が。

よし。

これは一度切ってみよう。

で、切りました。

016

どっちゃり。

半分ほど土や砂で埋まっていました。

これじゃ抵抗が大きくて水も流れないですね。

ドレンクリーナーを使って、ホースを突っ込んで水を流して掃除をしました。

出るわ出るわゴミ。どろどろどろどろと黒い水が出てきました。

やがて黒い水が澄んだ透明にかわり無事開通しました。

しかし長い年月がかかったとは言え、これだけ空気中に砂やら埃が舞ってるもんなんですね。

なかなか素人の方が点検出来ない場所ですもんね。ハシゴもいるし。

お家のあそこが気になる、ここが気になるという方は連絡くださいね。

メンテナンスは大事ですね。

| | コメント (2)

2008年4月 4日 (金)

彩都にて11。

そろそろこのシリーズ終了の予感。します?
いえ。
まだもう少し続けます。

まだ紹介したいところがあるので。

先日紹介したインナーコートを。
Dsc_0017
室内からインナーコートを。
こんな感じです。
半分外、半分室内ですね。そうですね。

ひとつ気になるのが天井にぽっかり開いた丸い穴。
この穴は光を取り入れるための穴です。

冬など寒い時期には光を取り入れやすいように。夏などは光が入ってきにくくなっております。時期によって太陽の高さの角度がかわるので計算されて穴を開けております。

ほ〜。ですね。

雨?雨ですか?入ってきますよ。
それも情緒あっていいじゃないですか。

ここでバーベキューしたい。


| | コメント (4)

2008年4月 3日 (木)

彩都にて10。

161

階段を上りきり振り返ると

122

広い空間。

上の方って壁などで仕切ってないのですね。

吹き抜け。さらに吹き抜けって感じですね。

コニクイ演出ですね。圧迫感がなくなりました。

なんだかんだと彩都の家の紹介が№10まできました。

さて、まだ紹介したい部分があるのでまだ続けます。「いい加減にしろ」と言われても続けます。

いや。言われたらやめます。

意思が弱いブログ担当弟-MENでした。これ久しぶり。

| | コメント (2)

2008年4月 2日 (水)

彩都にて9。目指せ二桁。

129

クローゼットですね。ウォークインクローゼットといいますかね。

写真でだとわかりにくいかもしれませんが、結構な広さのウォークインクローゼットです。

雰囲気もね、良いんですよ。まるで部屋。

あれかな?照明器具のせいかな?

立派な照明器具が付いていますね。

031

照明器具って大事ですね。

クローゼット内だからといって気を抜いたらダメですね。はい。以後気を付けます。

| | コメント (4)

2008年4月 1日 (火)

彩都にて8。

075

シンプルって美しい。

なぜか美しく見えてしまいます。僕だけでしょうか。

昔のCMで「何も足さない。何も引かない。」なんて台詞のCMがあったのですが、こういうことでしょうか?違うか?いや、大体なんのCMだったんだろう?

088

これといって意味はありませんがアップで撮ってみました。

こうシンプルだと、自分でいろいろとカスタマイズできますね。

台の下に扉がないのでお気に入りの布やら板やらでふさいでみたり。おしゃれなカゴなど置いてみたり。

センスが光りますね。

こんな洗面台で朝、顔を洗いたい。

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »